エンタメ

芸能人がYouTubeへ続々参入!さらに新たな時代の幕開けか!!

最近のYouTubeは芸能人だらけだね。

大物芸能人もチャンネル開設してて、TVより稼いでいる人も多いみたいよ。

数年前までは人気ユーチューバーの独壇場となっていたYouTube業界ですが、ここ1〜2年で大きな変化を見せています。
それは「芸能人やアーティストのYouTube参入」です!

例えば、

  • 本田翼さん(女優)
  • 佐藤健さん(俳優)
  • キングコング梶原さん(芸人)
  • オリエンタルラジオ中田さん(芸人)
  • ひろみさん
  • 宮迫博之さん
  • 香取慎吾さん

2021年はまさに「YouTubeの新時代」とも言えるでしょう!

この記事では、そんな芸能人のユーチューブ参入や、それによる人気ユーチューバーたちへの影響についてまとめてみました。

この記事でわかること
  • 人気ユーチューバーの再生回数に変化!
  • 今後のユーチューブはこう変わっていく!

芸能人のYouTube参入で新たな時代に!

いまは実に多くの芸能人やアーティストが、自分のYouTubeチャンネルを開設して、多くの再生回数を叩き出しています。

今までは見ることのできなかった、タレントや俳優、アーティストの素の部分を見ることができたり、テレビでは見ることのできないフリートークを聞くことができたりと、ファンにとってはたまらないコンテンツとなっています。

また色んな芸能人やアーティストの「コラボ動画」なんかはユーチューブならではでとてもおもしろい!
いまではユーチューブによって新たなファンを獲得したり、出演作や新曲を宣伝するなど、本業の人気を支えるための必須ツールとなっているんです。

あらゆるジャンルにその道のプロが参入してくる「YouTube新時代」に突入したと言えるでしょう。

人気ユーチューバーの再生回数に変化

この、「YouTube新時代」とも言える2021年は、それまで人気を独占してきたユーチューバーたちにとっては逆に「暗黒の時代」の始まりなのかもしれません。

なぜなら、ヒカキンやはじめしゃちょー、フィッシャーズ、水溜りボンドといったTOPユーチューバーたちの動画再生回数が明らかに減少しているからです。

それまで、動画を公開すれば200万回再生以上が当たり前で、500万回再生以上のヒット動画も珍しくなかったヒカキンやはじめしゃちょーなども、なかなか200万回再生を超える動画は作り出せない状況が続いています。

この「動画再生回数の減少」は、間違いなく「芸能人やアーティストのYouTube参入」が要因となっていると考えられます。

また、ネタに行き詰まり似通った動画投稿を繰り返してしまい、フォロワーが離れていくというツライ状況のユーチューバーも少なくないようです。

今後のユーチューブというプラットフォームはどう変化する?

2021年はユーチューブ界の「新時代」ともいえる年になりましたが、2022年はさらに加速していくことが予想されます。

すでに多くのユーチューバーが動き始めているように、ユーチューブ単体の広告収入の他に、「オリジナルのブランド商品」や「アーティスト活動や映像作品」といった、ユーチューブとは違う活動がどんどん増えていくはずです。

さらに、あらゆるジャンルのプロがユーチューブに参入してくると、各ジャンルの動画クオリティはどんどん高くなっていきます。

すると今まで以上に人気ユーチューバーの勢いは衰えていくのかもしれません。

まとめ

わかったこと
  • 芸能人の参入で人気ユーチューバーの再生回数が激減!
  • 各ジャンルのプロがユーチューブに参入!

ここでは「芸能人の本格的なユーチューブ参入の影響や人気ユーチューバーへの影響」について解説してきました。

芸能人やアーティストの本格的なユーチューブ参入で、ユーチューブ界自体は今後も確実に盛り上がっていくと思いますが、独壇場の人気を誇っていた人気ユーチューバーたちにとっては厳しい時代が続いていくことでしょう。

どちらにしても視聴者側としては、「すべてのジャンルでクオリティの高い動画が視聴できる時代」になっていくので、今後もユーチューブはより楽しみなプラットフォームです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!