エンタメ

月曜から夜ふかし|「ウケる」は死語?知らずに使うと恥をかく!

こんにちは、カタバミです。

普段、職場や友達と楽しく話をしていて、

ウケる!」て言っちゃうシチュエーションってありませんか

若者が使っているイメージですが、いまとなっては普段の会話にも定着してきていると思っていました。

でも、その言葉・・

もう古いんです!

死語なんです!

会社の部下や後輩との距離を近づけたいからといって、安易に使ってしまうと、余計に引かれてしまうなんてこともあるかもしれませんよ。

今日は、「ウケる」という言葉と、それに代わる言葉についてご紹介します。

芸能人CMギャラランキング!最新2021年度版を公開!!ちょうどいまは企業が来年度のCM予算を決めるシーズン。 大手広告代理店が各企業に対して提案するギャラ相場も見直されました。 2020年11月24日(火)発売の週刊誌『FLASH』がいち早く芸能人のキャラ相場ランキングを発表しましたのでご紹介します。...

「ウケる」はもう死語なの?

2020年8月10日(月)23:59~放送された1時間番組。

日本テレビ系の【月曜から夜更かし

今回放送されたテーマは、おなじみの人気コーナー

「○○を調査してみた件」で取り上げられました。

それが【若者の○○離れを調査した件】。

その中の一つがウケる」離れです。

街角でインタビューされたのは、10代くらいの女の子2人。

若者「ウケる」離れインタビュー


インタビューのVTRで、

女の子
「『ウケる』って使わないよね」

スタッフ
「え、『超ウケるんだけど』って・・(使わないの)?」

すると、

女の子
それは古い!

と、すぐに一蹴されていました。

「ウケる」は若者を代表する言葉だと思ってたのに・・

では今の時代は「ウケる」の代わりに、なんて言ったらいいんでしょうか?

「ウケる」の代わりに何て言うの?

それは、

「草」←クサ

です。

スタッフ
「『このテレビ超うけるんだけど』って何て言う?」

と聞かれた女の子が答えたのは、

女の子
「草じゃね」

どういうこと??

実はこの「草」にはもう一つの表し方があります。

それが「w」

YouTubeやTwitterなど、SNSの書き込みで見かけることがあると思います。

「w」は笑いを意味しているんですが、これが続くことでより大きな笑いを表します。

「wwwwww」

これを、草が生えたように見えるので、「◯◯草」「◯◯草生えた」という言い方がされているんです。

「草」の使い方

では、どんな風に「草」を使えばいいのか、例をあげてみます。

【昨日テレビに芸人の◯◯が出て草】
→内容が面白かったという意味のほかに、意外な芸人が出ていてビックリしたというニュアンスで使われるパターンも。

【それはさすがに草!】
→それは笑える

【あいつ頭が良すぎて草】
→凄すぎる

こんな感じです。

「ウケる」と同じように、色々な意味で使われていて、なんとなくニュアンスで理解する必要があります。

ちなみに、「草」と「w」は同じ意味なので連続して使わないようにしましょう。

もし「○○草w」なんて投稿してしまうと、

草に草生やすな!」と返信されて、最近使い始めたばかりなのがバレて恥ずかしい思いをするかもしれません。

でもこの2つ、いつからある言葉なのでしょうか?

それを知らずに使い続けていると、また「古い!」と言われちゃうかもしれません。

「ウケる」と『草』はいつから流行りだしたの?

「ウケる」

「ウケる」の語源はかなり昔にあります。

江戸時代の見世物小屋や、お芝居で人気がでると、

  • 「人気を受けている」
  • 「賞賛を受けている」
  • 「拍手喝采を受けている」

という意味で”人から受けている“という表現が用いられていました。

そして、1980年代から一般的に使われるようになり、

人に受ける = 面白い

と結びつくようになりました。

それが、2000年頃からカタカナで「ウケる」と表わされるようになり、世の中に定着していったようです。

「ウケる」って20年近くも前のことだったんだ。
それは、古いって言われるのも分かるね。

「草」「w」はいつから流行りだしたの?

「草」や「w」の登場も、実は意外に古いんです。

この表現の発祥は、ネットの書き込み掲示板「2ちゃんねる」と言われています。

2000年代前半にはもう「w」という書き込みがあって、「草」と表現されていました。

ですが、2ちゃんねるの中だけで使われていた専門用語のような存在だったので、世の中に広まるのが遅かったようです。

それがTwitterやFacebookの流行によって、SNSで頻繁に使われるようになり一気に広まりました。

えっ!?そんなに前から使われてたんだ!
じゃあ、これももう古いんじゃ・・。

いかがでしょうか。

どちらも、けっこう前から使われていた言葉で、ボクも驚きました。

ですが、感情一つ一つをそれぞれ表現せず、ニュアンスで伝えるとことで、言葉も文字も簡潔に済ませることができます

でもその反面、受け取る側もそのことを理解している人でないと、誤解を招いてしまうかもしれないので、注意してください。

最後に

ここでは「ウケる」は死語なのか?

について、ご紹介しました。

いまの若者からすると「古い」と言われて死語化していますが、

実際にあなたの周りでも、”聞かなくなってきたな~”と感じているのではないでしょうか。

かといって、いい大人が「草じゃね?」なんて言うと、あまりにもバカっぽい。

なので、「ウケる」と使ってしまいそうなシチュエーションでは、

略さず「おもしろい!」と、どうどうと言ってしまえばいいんです!

略語が当たり前の世の中だからこそ、あえて正しい言葉遣いをすれば、きっと一目置かれる存在になれるはずです。

最後のさいごに、

「草」や「w」は、その相手をバカにしたニュアンスで伝える(伝わる)ことも多いですので、使う場面を間違わないように十分に気を付けてくださいね。

それでは、ごきげんよう。