芸能

ジャニーズ事務所の退所者が続出する理由とは?噂される次なる退所者!

ジャニーズ事務所退所
最近ジャニーズ関連のニュースが絶えないね!
なにかとお酒が絡んでいるイメージだわ。

 

ジャニーズ事務所の社長として所属アイドルからの人望も厚かった「ジャニー喜多川さん」が2019年7月9日に亡くなり、ジャニーズ事務所の求心力は一気に下がり始めました。

そのカリスマ社長の死去の前からも、2017年9月に香取慎吾さん、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、今井翼さん、渋谷すばるさんといった人気タレントが退所していましたが、死去後は更にその勢いが増してきています。

一体、現在のジャニーズ事務所に何が起きているのでしょうか?

この記事でわかること
  • ジャニーズ事務所の退所者が続出する理由
  • 噂される次なる退所者

ジャニーズ事務所の退所者が続出する理由

ジャニーズ理由

ジャニーズ事務所は、以前から芸能界内の圧力や事務所内の派閥問題、グループ内格差なども問題視されており、以前から不満を抱いている人が多く存在していました。

ジャニーズ事務所を束ねていたカリスマ社長であるジャニー喜多川さんが死去したことによって、「ジャニーズ事務所に留まる意味がなくなった」ことが最大の原因となっているのです。

前記した退所者以外にも、ジャニー喜多川さんの死去後の2019年9月に錦戸亮さん2020年3月に中居正広さん2020年6月に手越祐也さん、そして2020年12月に退所が決まっている錦織一清さん、植草克秀さん、2021年3月で長瀬智也さんが退所予定となっています。

ジャニー喜多川さんの死去以外の理由としては、

  • 藤島ジュリー景子社長と滝沢英明副社長体制への不満
  • YouTubeの存在やテレビチャンネル媒体の増加によって大手事務所所属でなくても仕事ができる時代になった
  • 退所者がテレビ業界から干されることがなくなった

というようなことが挙げられます。

人脈とコネの世界と言われる芸能界は、大手芸能事務所に所属していなければ活躍できない時代だったわけですが、上記のような理由によって「大手の事務所に所属しなければ活躍できない時代」ではなくなったわけです。

噂される次なる退所者

ジャニーズ次は?

カリスマ社長の死やYouTubeやテレビチャンネルの増加といったことが要因となり、実力と知名度さえあれば独立しても活躍できるような時代になったことで、今後も更にジャニーズ事務所を退所するタレントは増えていくでしょう。

世間で噂されているジャニーズタレントとしては、山下智久さん、堂本剛さん、大野智さんの3人が挙げられます。

山下智久さんは、未成年女性との飲み会に参加し、ホテルで過ごしたとして一定期間の活動休止中であり、元々海外志向が高く、あの「ウィル・スミス」が立ち上げた事務所と契約していることからも、近い将来ジャニーズ事務所を退所して独立するのではと言われています。

堂本剛さんに関しては、ジャニー喜多川さんへの想いが強く、そのジャニーさんが亡くなったことによって「ジャニーズ事務所にいる意味がなくなった為、近い将来退所するのではないか?」と噂されています。

同年代の長瀬智也さんの退所が決まったことも、少なからず堂本剛さんに影響を与えているはずです。

そして大野智さんですが、すでに嵐の2020年いっぱいでの活動休止が決まっており、その休止理由ともなった大野智さんの「この世界を一度離れてみたかった」という思いからも、今後ジャニーズを退所する可能性が高いことを裏付けています。

一度歩みを止めてしまうと、なかなか元には戻れないのが人間というものですよね。

まとめ

今回は、ジャニーズ事務所の退所者が続出する理由について解説してきました。

わかったこと
  • ジャニー喜多川社長の死去と、新体制への不満が大きい
  • 次なる退所者予想は、山下智久さん、堂本剛さん、大野智さん

所属する人気アイドルが続々と退所していくジャニーズ事務所ですが、時代の流れから見ても、今後も退所の流れが止まらない可能性が高いと言えます。

近い将来退所するのではないかと噂されている山下智久さんや堂本剛さん、大野智さんなどは本当に退所してしまうのでしょうか?

ジャニーズ事務所と退所が噂されている彼らの今後に注目してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!