イベント

三浦春馬の初主演『森の学校』全国上映が決定!地元新聞も大きく掲載!

森の学校 三浦春馬

今年7月に30歳で亡くなった三浦春馬さんが子役として出演していた映画『森の学校』が12月に上映されます。
この映画は2002年に公開された作品ですが、三浦春馬さんのファンが希望し熱い思いが募ったことで叶いました。

これにより撮影監督の西垣吉春さんの出身地であり、映画の舞台ともなった「丹波篠山」の地元新聞にも大きく掲載されています。

三浦春馬さんのファンだけでなく、才能に溢れた彼の演技と人柄に魅了された人は少なくないと思います。
ここでは、再上映されることとなったレアとも言える彼の初主演作品『森の学校』についてご紹介します。

この記事でわかること
  • 三浦春馬が主演の「森の学校」とあらすじ
  • 映画監督「西垣吉春」との出会い
  • 「森の学校」の上映情報

三浦春馬主演『森の学校』とは

原作:少年動物誌
著者:河合雅雄(京都大学名誉教授)

監督:西垣吉春
公開:2002年

時代:昭和10年代の丹波篠山
舞台:丹波篠山

【作品評価】
文科省特選映画
国際交流基金推薦作
フランス、ブラジル、中国など12カ国語に翻訳され上映
モスクワ自動映画祭招致

映画「森の学校」校舎
映画「森の学校」聖地巡礼|丹波篠山おすすめロケ地3選!浦春馬さんが子役時代に初主演を飾った映画『森の学校』。 そのロケ地は、監督を務めた西垣吉春さんの地元である丹波篠山であり撮影のほとんどが丹波地域で行われました。 ここでは、その中でも丹波篠山を知るうえで重要な3つのロケ地をピックアップしてご紹介します。...

映画『森の学校』あらすじ

「森の学校」花と校舎

自然や動物とのふれあいを生き生きと描く少年の成長物語

昭和10年代の丹波篠山。とびきり腕白でガキ大将の雅雄は今日も歓声をあげて遊んでいる。そんな雅雄(三浦春馬)は、しばしば病気になり、ときに1~2ヶ月も学校を休んでしまい、それは雅雄を苛立たせる原因となった。そんな雅雄を癒してくれるのはいつも篠山の自然。ある日、東京から美代子という少女が転校してきた。都会育ちの美代子は、周りに馴染めず疎外された存在だった。だが、雅雄と出会うことで美代子も次第に打ち解けていく。夏がきた! 雅雄は周りの優しい大人たちや豊かな自然に囲まれ、ちょっとづつ成長していく。そして晩秋。雅雄たちはやっぱり今日も篠山の森の中で泥だらけになって走り回っている。

子役「三浦春馬」との出会い

丹波新聞「森の学校」

西垣監督との出会いは三浦春馬さんが小学2年生の頃。
千葉県土浦市のプロダクションが主催している自動劇団の試演会。
多くの子どもが出演していたにもかかわらず、飛び抜けてうまい演技をする子どもに目を引かれ、それが三浦春馬さんだった。

その後も何度かプロダクションの事務所で会っていたそうです。
それほど西垣監督につよいインパクトを与え、また忘れられなくなるほどの魅力をそなえていたとも考えられます。

映画「森の学校」の出演者オーディションが行われたときには、三浦春馬さんは小学5年生。
子役だけでも2,000人の応募と最終選考には100人ほどが参加。
ですが西垣監督は「彼にかなう子はいない」とすでに心のなかで三浦春馬さんに決めていたそうです。

【三浦春馬さんの光る才能】

「間のとり方が実にすばらしかった。これは教えられてできるものではない。持って生まれたものがあった。のびのびと演じ、生き生きとはばたいてくれた。でも、彼は、演技をしているという意識はなかったと思う。素の自分をそのまま出していた。作為のない演技だった。そんな難しいことができたのは、彼の転生によるものだろう。」
出典:丹波新聞 西垣吉春インタビュー

「森の学校」上映する映画館は?

現在、TOHOシネマズ「ドリパス企画」によって随時公開されています。
まだ上映館は少なく載っていない地域もありますが、全国的に展開されていくようです。

西垣監督も地元新聞でこのように語っています。
『森の学校が公開されることに不幸に乗じているのではないかと躊躇した。しかし、2002年に公開したとき、東北や北関東、四国では上映されることがほとんどなかったこともあり、見ていただきたいという気持ちに変わった』

このとおり、東北、北関東、四国はもちろん、まだまだ上映される映画館が増えることを期待できそうです。
また情報が分かり次第、記事を更新していきたいと思います。

まとめ

わかったこと
  • 三浦春馬さんは、演技がうまいだけでなく天性の素質があった
  • 忘れられなくなるほどの魅力をもった少年だった
  • 映画『森の学校』全国上映

三浦春馬さんのかわいい子役時代の姿と、その頃から溢れ出す才能と魅力を目にできる日までもうすこしです!

映画情報

一週間という短い期間での上映です。
ぜひお見逃しのないようチェックしてみてください!