ニュース

免許更新のオンライン化はいつから?申請の手続き方法も!

免許更新オンライン化
免許更新がオンラインでできるようになるんだって!
コロナの影響でたくさんのことが自宅でできるようになっていくわね!
わざわざ警察署や免許センターで講習を受けなくていいのはありがたいな。

人の密集などをさけるために、急速にデジタル化・オンライン化がすすんでいますね。「コロナのおかげ」と言ったら不謹慎かもしれませんが、わざわざ出かける手間を省けることがどんどん増えることに対しては、筆者はかなり賛成派です!

今回の記事では、「免許更新のオンライン化」についてまとめていきたいと思います!

この記事でわかること
  • 免許更新オンライン化はいつから?
  • 免許更新オンライン化の対象者は?
  • オンラインでの手続きの方法は?

免許更新のオンライン化はいつから?

運転免許証更新のお知らせ

2020年9月29日、警察庁が運転免許証の更新のための講習をオンライン化する方針を決めました!

オンラインでの手続きがいつから始まるのか、気になるところですが、現時点で決まっているのは2021年4月からモデル事業が始まるということだけ。

モデル事業というのは、全国の都道府県から1カ所を選び、その選ばれた拠点で免許更新のオンライン化を試してみるというもの。

どの都道府県がモデルになるかは、残念ながらまだ決まっておらず、モデル事業がどのくらい行われるかという期間も決まっておりません。ですので、私たち一般運転者の免許のオンライン更新が可能になる時期も、当然まだわかりません。

2021年4月から始まるモデル事業が始まるということなので、しばらくはその経過を見守ることになりそうですね。早ければ2022年頃から本事業が始まることが期待できるのではないでしょうか?

免許更新オンライン化の対象者は?

ゴールド免許証

オンラインでの手続きが可能になるのは、全ての運転免許保持者というわけではなさそうです。また更新の作業全てをオンラインで済ませることができるというわけではありません。

オンライン化するのは、過去5年間無違反などの条件を満たす優良運転者を対象とした講習のみ。言い換えれば「ゴールド免許」の人たちの講習のみです!

オンラインでの手続きの方法は?

オンライン手続き用のQRコード

現時点では、以下のような手順で手続きをおこなう予定となっています。

①更新対象者に、受講のためのQRコード等をはがきで配布
②パソコンやスマートフォンで、講習を受講する
③章ごとにミニテストを行う。(回答しなければ次の章に進めない)

会社で行う eラーニングのようね!

優良運転者の講習は30分間で、決められた期間内であれば24時間受講が可能になります。

いつでもできるっていうのは、嬉しいな!

しかし、講習を自宅で受けることができると言えども、実際に新しい免許証を受け取るためには、免許センターなどに行く必要があります。

すべてを自宅で完了できるわけじゃないのね。

実際の免許更新には、視覚検査や顔写真撮影が必要なので、これらの手続きは実際に出かけなければいけないということですね。

たしかに視力検査は誰かにやってもらわないと、いくらでもズルできちゃうもんな。

実は有料運転者の講習受講者って、年900万人前後いるらしいんです。講習のみのオンライン化といえど、これだけの人の手続きを少しでも簡素化することができれば、受講者はもちろん手続き等の事務作業者の手間を省くことにも繋がりそうですね。

今までは講習を受けるための待ち時間なんかもあったものね。
待ち時間や講習時間を省けるだけでも大きなメリットだな!

まとめ

わかったこと
  • 免許更新オンライン化は、2021年4月からモデル事業が始まる!
  • 免許更新オンライン化では、優良運転者の講習が対象になる!
  • オンライン化が始まれば、パソコンやスマートフォンで講習が受講できるが、免許をもらいにいかなければならない。

世の中どんどん便利になっていきますね!オンラインで手続きできる日が来るのが楽しみです♩

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!